不能犯 漫画 ネタバレ 夜目の過去が辛すぎる、早く立ち直ればいいのに

    不能犯

    無料お試し読みはコチラ

    ↓  ↓  ↓

    2017y03m14d_133958402

    ※【まんが王国】スマホ専用・登録無料

     

    こんにちは!chokoです。

    『不能犯』です。

     

    宇相吹正は、カフェに
    闇金の男と一緒にいます。

     

    闇金の男が
    飲んでいたアイスティーには毒が入っています。

     

     

    知らずに飲んだ闇金の男はその場で死にます。
    サヨウナラと正は不気味に笑います。
    警視庁杉並北警察署の屋上に
    夜目はいます。上から下を見ています。

     

    そこに河津村が来ます。

     

    夜目はカフェのカラフルという店の
    闇金業者変死事件の担当をしています。
    夜目は、
    アイスティーに毒物が入ってたのかもと
    言いますが、河津村は何も無かったと言います。

     

    死体からも毒物を飲んだような形跡はなかったと
    言われ、じゃあ何でだと夜目は驚いています。

     

    防犯カメラの映像の写真を見せられます。

     

    そこには、
    闇金のマル害と、正がうつっています。

     

    この男が何かしら関わっているに違いないと
    河津村は言います。

     

    テーブルに糸屑のようなものが
    ありますが、それは毒で溶かした虫です。

     

    正の居場所が特定できたと屋上に男が来ます。

     

    河津村に、夜目は階級だけは
    俺よりも上司なんだからしっかりしろと言います。

     

    俺の息子も夜目が立ち直るのを
    望んでいると河津村は言います。

     

    夜目は1度失敗をしています。

     

     

    事件とは
    無関係の男の話を信じませんでした。

     

    そして、男は自殺します。

     

    それは大きなニュースになります。

     

    警察の大失態と
    大きく新聞にも乗りました。

     

    続きのネタバレ

    ⇒不能犯 漫画 ネタバレ 正はいったい何者なのか非常に興味ある

     

    『不能犯』はまんが王国で無料お試し読みをしています。

     

     

    無料お試し読みはコチラ

    『不能犯』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    今すぐ読んでみる

     

     

     

      コメントを残す