先生のヒメコド、僕と秘めごと。ネタバレ2話【体だけの関係でいて!?赤根先生のアレがスゴ過ぎる?】

    先生のヒメコド、僕と秘めごと。

    無料お試し読みはコチラ

    ↓  ↓  ↓

    2017y04m17d_220708847

    【コミなび】スマホ専用・登録無料

    『先生のヒメゴト』で検索

     

    こんにちは!chokoです。

    『先生のヒメゴト、僕の秘めごと。』2話です。

     

    第1話では、
    赤根先生に抱かれている夢をみていた風里。

     

    しかし、これが…現実となります!

     

    流石、青年漫画と言った感じで、
    赤根先生の行為は本当に刺激的でした。

     

    男子生徒に

     

    『これでも?これでも?』

     

    といった感じで行動に移す先生。

     

     

    『こんな先生

    実際にはいないよなぁ~。』

     

     

    そんな風に感じながら読んでいました。

     

    何度も何度も風里をイカせた後、

     

    「私と身体だけの

    関係でいて下さいね?」

     

    そんなことまで言ってしまう赤根先生。

     

    その行為がヤバすぎる…。

     

    体だけの関係でいて!?赤根先生のアレがスゴ過ぎる?

     

    『やっぱり夢…』

     

    宿直室でつい寝てしまった風里。

     

    気が付くと、
    ピンクの下着姿の先生が
    風里にくっついて寝ていました。

     

    「つーかーまーえ…たっ!!」

     

    そんな赤根先生に動揺して、
    スグ帰ろうとした風里を後ろから抱きつきます。

     

    先生の大きな胸が背中にあたる。。。

     

    「見てましたよね?」

     

    あの時、ベランダで男の人に抱かれていた時、
    風里の存在に気が付いていた赤根先生。

     

    「その口封じを

    しなければならないんです」

     

    そう言うと、赤根先生は風里を押し倒す。

     

    「つまり良いってことですよね?」

     

     

    先生の下着姿やキスをされたことで、
    風里の身体は反応していました。

     

    そして、

    それはGOのサインだと

    赤根先生は言います。

     

     

    「ダメダメッ」

     

     

    拒否する余地もなく、
    パンツを下げられ先生のやることに
    されるがまま…。

     

    「先生は口封じしたくて

    うずうずしてます」

     

     

    赤根先生は、

    風里に反応している、

    自分の身体を見せつける。

     

    「風里くん見すぎです」

     

    恥ずかしいと先生がいったと思ったら…。

     

    『ずぷん』

     

    『ぐちゅ』

     

    「あぁっ!!」

     

    赤根先生は風里に感じてしまう。

     

    『ズポッ…ズッ』

     

    『ズチッズチュ』

     

     

    下になっている風里に抱きつき
    赤根先生は激しく腰を動かします。

     

    そんな、

    赤根先生の行為は

    まだまだ止まりません…。

     

     

    『先生のヒメゴト、僕の秘めごと。』2話では、
    夢で赤根先生に抱かれていた風里。

     

    それが、現実となります。

     

    赤根先生は、ベランダで見たことを
    口封じするために、風里と身体の関係を
    もとうとします。

     

    遠慮しているように見える風里も
    その快楽に何度も何度も先生を感じてしまう。。

     

     

    『先生のヒメゴト、僕の秘めごと。』2話は、

    コミなびで150円で読めます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    無料お試し読みはコチラ

    『先生のヒメゴト』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    今すぐ読んでみる

     

     

     

     

      コメントを残す