虐殺器官 1巻 ネタバレ 【恐怖】紛争や内戦による虐殺と地獄

    虐殺器官
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    虐殺器官

    ※登録無料・継続課金なし
    『虐殺器官』で検索

     

     

    長編アニメ映画化が決定している、

    『虐殺器官』。

     

    この原作者、伊藤計劃(いとうけいかく)氏は、

    デビューして2年のうちに『虐殺器官』、『ハーモニー』

    などを手掛けて肺癌にて亡くなりました。

     

    その生涯は34歳。

     

    虐殺器官の内容は、

    アメリカ軍特殊部隊の事が書かれています。

     

    内戦・紛争による虐殺・処刑など

    そういった人の闇の部分をこの漫画で知る事になります。

     

     

    本当に人間!?紛争・内戦による虐殺

     

    『虐殺器官』は、アメリカ特殊部隊の

    クラヴィス・シェパード大尉が主人公です。

     

    漫画の冒頭から、

    そのスケールの大きさを感じます。

     

    2ページを使い、

    虐殺後の凄まじい背景を描いています。

     

    その背景は、紛争から、

    見渡す限りの死体の山に立ち尽くす。

    シェパード。

     

    死体の中を歩き続けると…。

     

    くまのぬいぐるみが落ちていました。

     

    その隣には、幼い女の子の死体が…。

     

    女の子は、

    後頭部から脳みそが見えています。

     

    更に先に進むと、内臓が身体から飛び出して

    死んでいる人まで…。

     

    その背景に紛争の恐ろしさが伝わってきます。

     

    処刑されるのを見て見ぬふりする兵士

    ミッションを遂行しようと向かっている途中。

     

    目隠し、手首を縛られている人が、

    1列横に並んで立っている。

     

    『僕らは地獄へ落ちるでしょうかね』

     

    同じ特殊部隊のアレックスがそうつぶやきます。

     

     

    『パンッ』

     

     

     

    そのまま1人、1人射殺される。

     

    処刑されている所を、

    見て見ぬふりをして通りすぎます。

     

    なぜなら、

    このミッションが終われば、

    そんな事も終わるからです。

     

    『目の前の風景は地獄なんかじゃない』

     

    『本当の地獄とは…ココにある…』

     

     

    虐殺器官は、アメリカの特殊部隊をモデルに、

    内戦や紛争といった人々の殺し合いが描かれています。

     

    感情に影響されない兵士達(特殊部隊)は、

    人を殺し続ける、そして『人を殺したい!?』

    衝動にかられることも。。

     

    怖いもの見たさでついつい読み進めていきました。

     

     

    無料お試し読みの場合はコチラ

    『虐殺器官』で検索して下さい!

    継続課金なし・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    【日本最大級の電子書籍 ebook japan】

     

     

      コメントを残す