悪の教典 漫画 ネタバレ【生徒を生きている人形のコレクションのように扱う教師】

    悪の教典
    無料お試し読みはコチラ
    ↓ ↓ ↓

    2016y09m22d_214721543

    ※登録無料・スマホ専用
    『悪の教典』
    で検索し下さい!

     

    生徒を生きている人形のコレクションのように扱う教師

     

    担任教師の裏と表の顔に、
    ほとんどの生徒が気付かつかない。。

     

    まるで、
    自分の生徒を生きている人形の
    コレクションのように扱います。

     
    心のうちに、狂気性を秘めた、
    サイコパスな担任の蓮実聖司が、
    次々と殺戮を重ねていきます。

     

    この残虐な非現実的なストーリーは、
    読者に衝撃をあたえ、作品の面白さを
    強調させていると思います。

     

    漫画だと、
    イラストで描かれているので、
    それがより強調されています。

     

    それが読者にも、
    心理的に伝わりやすいのがイイ!!

     

    この作品を読んで、

     

    『人を容易に信じることの危険性』

     

    普段からクラスメイトとの調和がとれていないと、
    いざ何かが起こると、

     

    『信頼関係は容易に壊れてしまう怖さ』

     

    何気なく過ごしている日常が、
    どれほど幸せなことかを考えさせられ、

     

    『命の大切さ』

     

    を読者に学ばせてくれる作品だと思います。

     

    私は、
    カンのいい早水圭介が大好き。

     

    ハスミンの正体を暴く証拠をつかむ目前で、
    無残に死を迎えた場面が一番悲しかった…。

     

    生徒ではなく、
    教師のほうに焦点をあてたところ
    がよかったです。

     

    こういった作品は、
    批判も多いかもしれません。。。

     

    しかし私は、
    学生同士が「死」と「生」のはざまで、
    生き残るために、共存や葛藤する作品が大好き。

     

    悪の教典は、映画からはじまり、
    小説や漫画をすべて購入するほど、
    私がはまり込んだ作品です。

     

    好きな人は読んでみて下さい!

     

     

     

     

     

    無料お試し読みの場合はコチラ

    『悪の教典』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    無料お試し読みはコチラ

     

     

     

     

     

      コメントを残す