彼岸島 ネタバレと感想ともっともグロイシーンを書いてみたよ

    彼岸島

    無料お試し読みはコチラ
    ↓ ↓ ↓

    2016y10m01d_234051106

    ※登録無料・スマホ専用
    『彼岸島』
    で検索し下さい!

    こんにちは!chokoです。

     

    色んな視点で彼岸島のネタバレを書いてみました~。

    興味があるあなたは読んで下さい(*^_^*)

     

     

     

    ネタバレ

    ネタバレとしては、彼岸島は続きがあります。

    それは雅が吸血蚊を東京にばらまいたことにより、
    東京は壊滅して、そこに雅が王として君臨します。

     

    裏のネタバレは、
    この作品は作者が(心機一転するためだと思いますが)
    ステージが移動すると前の仲間を気兼ねなく利用して
    殺してしまうことです。

    中には、
    「え!一コマ?!」という事が多々あります。
    また宮本が寝てない気がしますが、
    きっと省略されただけでしょう。

     

     

    見どころ

    バトルシーンが8割を占めています。

    その中において、「敵」が魅力的です。

    吸血鬼に関しては、人間が結束して立ち向かうシーン。
    また怪物と化した巨大な敵(ビル並の大きさ)や
    特殊な能力を持つ敵などは、迫力満載です。

     

     

     怖いシーン

    吸血鬼は人間を捕食(血が栄養)の対象にしか考えていない
    ので追いかけられるシーンは怖いです。
    あと宮本がピンチのときも。

    「逃げる」シーンがすごく怖いです。

     

    グロいシーン

    捕まった人間の「血」を効率よく抜くための装置があります。

    椅子に座らされて、強大なホースのようなもので血を抜かれたり、
    生きたまま両目・下半身・両手をくり抜かれ箱に収納。

    吸血鬼が樽酒のように血を飲むシーンはグロかったです。

     

     

     感想

    面白い。本当に面白い。一気に読んでしまいます。
    吸血鬼には吸血鬼の生活があり、人間であり続ける
    意味が問われているようで興味深いです。
    吸血鬼になれば楽だけど、
    でも人間として抵抗し、
    人間であり続けることに誇りを持つ点に共感します。

     

     

    彼岸島を色々まとめてみました。

    面白かったでしょうか?

    興味ある人はよんでみて下さい!

     

     

    無料お試し読みの場合はコチラ

    『彼岸島』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    無料お試し読みはコチラ

     

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す