ミュージアム 漫画 ネタバレ 3巻【妻を殺す?骨まで切断できそうな肉切の包丁とその結末は?】

     ミュージアム

    無料お試し読みはコチラ

    ↓  ↓  ↓

    2016y10m10d_041619073

    スマホ専用サイト・登録無料

     

     

    こんにちは!

    ミュージアム3巻最終巻です。

     

    ミュージアムは3巻とその読みきりの良さも
    良いです。

     

    3巻にしてはその内容がかなり濃いもの。

     

    その結末はどうなったのでしょうか?

     

    妻を殺す主人公!?その結末は?

     

    2巻を読んだ人は、
    結局あのハンバーガーの中身は何なのか、
    気になって仕方なかった人が
    多かったのではないでしょうか?

     

    その読者のモヤモヤを晴らすべく、
    3巻は前回導きだした「EAT」というパスワードを入力して、
    悪趣味な部屋から場所を変えます。

     

    とはいえ、
    部屋を出ても悪趣味なのは変わりません。

     

    というよりむしろ悪化していきます。

     

    部屋の外へ出るとキッチンがあり、
    そこには先程まで調理に使っていたであろう
    調理器具が置かれています。

     

     骨まで切断できそうな肉切り包丁には、
    たくさんの血が生々しく付いており、
    ミンサーとカミソリには、何かの毛が絡まっています。

     

    この絡まっている毛が、
    動物の毛のようには見えないんですよね。

     

    黒っぽい長めの毛で、
    嫌な想像はどんどん膨らむばかりです。

     

    この無言での煽り方は素晴らしいと思います。

     

    そして、
    冷蔵庫に貼られている妻と子どもの写真を見つけ、
    冷蔵庫を開けるシーンは必見です。

     

    バットの上に、
    女性と子どもの頭部だけが
    ご丁寧にキレイに並べて置かれているのです。

     

    でも冷蔵庫の中からの描写になっているので、
    読者側からは女性と子どもの顔は見えず、
    それを見つめる主人公の表情から想像する
    というような構図になっています。

     

    あえて読者に想像させるような、
    作者さんのこだわりが詰まった1コマだと感じました。

     

    そのお陰で、
    騙されかけた読者は多いのではないでしょうか。

     

    はい、妻と子どもは生きてます。

     

    よく考えたら私刑の対象は主人公では
    なく奥さんの方ですから、当然犯人は
    もっとこだわった殺し方しますよね。

     

    そして、
    この3巻のもう1つのハラハラなシーンが、
    カエル男と主人公の妻のすり代わりの場面。

     

    妻はもう死んだと思わせ、
    さらに挑発することで主人公の
    冷静さをトコトン失わさせます。

     

    相当怒り狂った主人公は、
    今にもカエル男を撃ち殺そうな勢いになります。

     

    撃たれまいと逃げ回るカエル男が突然脚を止めるので、
    何かよからぬ策を立てているとは思ったが、
    主人公の妻にカエルのマスクを被せて身代わりにしているなんて、
    一瞬気付きませんでした。

     

     冷静さを失った主人公が、
    自分の妻に銃口を向ける場面は、
    本当に殺してしまいそうで、手に汗握りました。

     

    目の前のカエル男の背中と、
    妻が家を出ていった時の後ろ姿とが重なり、
    なんとか撃たずにすんだんですが、
    犯人のトラップがこれだけだったのが少々残念に思えました。

     

    最終的には一家は無事帰還することができましたが、
    犯人が逃走しようとして日光を浴びてしまい、
    昏睡状態により謎を残したままエンディングを迎えます。

     

    主人公が事件のせいでトラウマを抱え、
    カウンセリングを受け続けていることなどから、
    ハッピーエンドとは呼べないモヤモヤした
    終わり方となりました。

     

    もっと、
    捻りのあるエンディングを期待していただけに、
    物足りない気持ちもありますが、こういったエンディングも
    色々考えさせられて良いのかもしれません。

     

    全巻無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでみて下さい!

     

     

     

     

     

    無料お試し読みの場合はコチラ

    『ミュージアム』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    無料お試し読みはコチラ

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す