監禁嬢 第7話ネタバレ!『おしおき』が『ごほうび』に変わる時?その快楽に溺れてしまう!?

    監禁嬢

    無料お試し読みはコチラ

    ↓  ↓  ↓

    2016y11m28d_235209096

    ※スマホ専用・登録無料

     

     

    こんにちは!chokoです。

     

    監禁嬢の第7話『おしおき』

    この話はかなり卑猥なストーリーです。

     

    読み進めて思いますが、
    この漫画は男性向けですね。

     

    レポでも見た通り、
    女性からあまり指示されていないようです。

     

    しかし、男性からしたら、
    かなり刺激的なんじゃないかな…。

     

    だって、女子高生が見ている前で、
    あれをしちゃうんだから。。

     
    こんなことされたら、
    本当男性でも恥ずかしいはずです。
     

    以下ネタバレ~♪

     

    『おしおき』が『ごほうび』に変わる時?その快楽に溺れてしまう!?

     

    人間の生理的欲求でもある、

    性欲に語りかけるこの漫画(笑)

     

    本当にその内容は刺激的。

     

    この第7話では、女子高生の麻希が、
    岩野裕行(先生)に対してヤバすぎる行動を起こします。

     

    彼女は、

    快楽で先生を支配しようとしています。

     

    その行為は、男性目線からしたらどーなのでしょうか?

    (私は女なので…。)

     

    その麻希がした行為は、

     

    「好きな男が嫌がる姿を見て何が楽しいの?」

     

    麻希と岩野は美術室のような所にいました。

    部屋にはカギをかけ、誰にも見られないように…。

     

    「ジブンでやってみ」

     

    「麻希が見ててあげるから」

     

    それは、岩野自身で欲を満たせと言っています。

    そして、それを最後まで見届けると話す麻希。

     

    岩野は本当、Mです。

     

    そんな麻希の言葉を断りきれず、
    自虐行為を始めるのです。。。

     

    「ハァ、ハァ、ハァッ、ハァ…」

     

    「…ありゃりゃ…しぼんじゃってる…」

     

    岩野は生徒にこんな姿見られていて、
    気持ち言い訳ありません。

     

    「しょーがないなぁー」

     

    そして、岩野がしていた続きを、
    麻希が自分の手を使って…。

     

    「…ちょっ…藤森…」

     
    その行為に顔が歪んでしまう、岩野。
     

    「ペチッ、ペチッ」

     

    あるものを頬に当て、

    上目使いで先生の顔を見る麻希。

     

    そして、口を開け…。

     

    その快楽に、

    背はそりかえし、上を向いてしまう岩野。

     

    「この”おしおき”が”ごほうび”に変わる時
    麻希は本当の1番になるんだ」

     

    監禁嬢 1巻 第7話では、
    学校の美術室で麻希が岩野に「おしおき」をします。

     

    先生が嫌がる「おしおき」、
    それは…いつか「ごほうび」に
    その快楽に先生は溺れてしまいそうです。

     

    そんな、女子高生の麻希の考えは狂っていました。
    監禁嬢は、まんが王国で読めます。

     

    無料お試し読みもあるので、
    興味がある人は読んで見て下さい。

     

     

    監禁嬢 無料お試し読みはコチラ

    『監禁嬢』で検索して下さい!

    スマホ専用サイト・登録無料

    ↓    ↓   ↓

    今すぐ読んでみる

     

     

     

     

      コメントを残す